熊本の県民性を表す言葉とし、てよく使われているのが「肥後もっこす」で、
「津軽じょっぱり」や「土佐いごっそう」と共に日本三大頑固の一つに数えられています。
 
「肥後もっこす」は、純粋で正義感が強く、
一度決めたら梃(てこ)でも動かないほど頑固で妥協しない反骨精神のある人です。
 
その熊本県人の気質を銘柄にした「球磨焼酎 もっこす」は、
ゆっくりと歳月をかけて磨かれた古酒との調和による円熟した味わいです。
ストレート、水割り、ロックでどうぞ。
 
 
黒麹仕込 / 減圧蒸留 / 25度
原材料 / 米・米麹
容量 / 300ml、900ml、1800ml
 
 
 
 
 
 
 
 
 
写真は、当社焼酎蔵に隣接する自社田です。
6月10日に植えられた苗は、梅雨空の下、
しっかりと田んぼに根を張っていました。
 
この田の要所には、備長炭が埋められています。
これは、水をつくることから始めて米をつくるためです。
 
蔵人によってつくられ収穫された米は、
球磨焼酎「精選 水鏡無私(せいせん すいきょうむし)」の原料になります。
 
 
 
 
 
 
 
平成28年7月3日(日)より
当社焼酎蔵とお食事処の定休日が
下記の通りになります。
 
 
●焼酎蔵 (お店・試飲コーナー・蔵見学・水汲み場)
 定休日 毎週日曜日
 
 
●お食事処
 定休日 毎週日曜日、月曜日
 ※月曜が祝日の場合は営業いたします。
 
 
 
よろしくお願い申し上げます。
 
 
 
                    松の泉酒造
 
 
 
願成寺(がんじょうじ)は、
人吉・球磨を鎌倉時代より700年にわたり治めた相良家(さがらけ)の菩提寺です。
その裏手の相良家墓地には、相良家初代長頼(ながより)公から
37代頼綱(よりつな)公に至る歴代藩主の墓が整然と並んでいます。
また、相良家のほかに石田三成や熊谷直盛父子の供養墓もあります。
 
※写真は相良家墓地です。(人吉市願成寺町)
 
※昨年、「相良700年が生んだ保守と進取の文化」が「日本遺産」に認定されました。
 「願成寺と相良家墓地」や「球磨焼酎」も その41件の構成文化財に含まれています。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
6月1日、アユ漁が解禁され、球磨盆地の球磨川や川辺川には、全国から
多くの太公望が訪れ、友釣りを楽しんでいました。
写真は、相良村を流れる川辺川です。
この後、川は清流のまま球磨川に流れ込みます。
人吉・球磨では、釣ったアユを球磨焼酎の肴として、刺身や背ごしにし
酢味噌で食べます。
※背ごし アユを薄くそぎ切りにしたものです。
 
 
 
 
 
 
Go to top