写真は、焼酎蔵に隣接する自社の田んぼです。
 
6月の田植え以来、人手をかけ大事に育ててきた稲が黄金色になりました。
今週、天気のいい日に稲刈りを行います。
 
収穫したコメは、球磨焼酎「精選 水鏡無私(せいせん すいきょうむし)」
の原料になります。
 
 
 
 
 
 
 
 

 

 球磨郡多良木町の「青蓮寺阿弥陀堂(しょうれんじあみだどう)」は、

永久3年(1295年)に上相良家第3代 相良頼宗が、初代頼景公の菩提のため創建しました。
厚い茅葺屋根の阿弥陀堂は、外観は極めて素朴ですが、荘重かつ雄健です。
鎌倉時代の様式を今に伝える代表的な建造物として、国の重要文化財に指定されています。
 
当社の焼酎蔵からの距離は、約8kmです。
秋の休日、人吉・球磨での歴史散歩は、いかがでしょう。
 
 
 
 
 
 

 

 

 
 
猛暑続きの8月も過ぎて、球磨・人吉地方は、ようやく、朝晩は、
少し涼しく感じるようになりました。
 
写真は、当社、焼酎蔵に隣接する自社の田んぼです。
 
炎天下、人の手で草取りをするなど、大切に育ててきました。
稲刈りは、9月末か10月初めの予定です。
収穫したモミは、精米され、球磨焼酎「精選 水鏡無私(せいせん すいきょうむし)」
の原料になります。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
球磨盆地の球磨川や川辺川には、猛暑にもかかわらず、多くの太公望が、
アユの友釣りを楽しんでいます。
 
写真は、相良村を流れる川辺川です。
この後、川は清流のまま球磨川に流れ込みます。
 
人吉・球磨では、釣ったアユを球磨焼酎の肴として、刺身や背ごしにし、
酢味噌で食べます。
 
「松の泉」のお湯割りやロックで、暑気払いは如何でしょう。
 
※背ごし アユを薄くそぎ切りにしたものです。
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 

 

 

 

 

 

 

 

イベントをご案内いたします。

 

8月12日(日)に人吉市九日町において、

九日町のお祭り「なつえびす」と「球磨焼酎¥100フェス」を同時開催されます。

 

「¥100焼酎フェス」では、

最初にオリジナルグラスを100円、焼酎1杯目100円 合計200円でご購入いただき、

2杯目以降は何度でも、人吉球磨の28蔵元の球磨焼酎を

すべて1杯100円で飲めるという、たいへんお得なシステムです。


球磨焼酎フェス会場では普段なかなか飲めない蔵元の秘蔵酒、古酒などの

プレミアムな焼酎もございますので、飲み比べて愉しんでいただければと思います。

 

今年のトークショーは中原丈雄さんです。(少雨決行)

 九日町通りでは、ひとよし盆踊り大会もおこなわれます。

皆様のお越しを球磨焼酎¥100フェス会場にてお待ちしております。

 

●球磨焼酎¥100フェス
 8月12日(日)18:00~21:00開催
 ¥100フェスは雨天決行、雨天時は肥後銀行人吉支店3階

 

●「球磨焼酎¥100フェス」についてお問い合わせ先
 球磨焼酎酒造組合 TEL:0966-22-5059

 

※未成年の方へのお酒のご提供はお断りいたします。

※お酒を飲まれる方は、車でのご来場はご遠慮ください。

 

 

 

 

 

Go to top