写真は、丸池のリュウキンカです。
金色の花が立ち上がるように咲くことから「立金花」と名づけられました。
その花言葉は「必ず来る幸福」、「あなたに会える幸せ」、「富」、「贅沢」です。
球磨郡あさぎり町の丸池が、自生の南限とされています。
※町花、町指定天然記念物
丸池の所在地は、あさぎり町免田東 北吉井、畜産センター横で、当社の焼酎蔵からは、北東へ約1.5kmです。

 

 

 

 

 

 

自家農園のブルーベリーの花が咲きました。
夏に実がなり、収穫したブルーベリーが、
「蔵出 あまがゆ」と「蔵出 藍苺酒(ブルーベリー)」になります。

 

 

 

写真は、焼酎造りの行程の中の一次仕込みの様子です。今回は黒麹菌を使用した焼酎です。
松の泉蔵の隣の田んぼで杜氏自ら丹精込めて育てた自家米を使用して、もろみを造っています。
蒸した米に種麹をつけて約50時間かけて麹菌を育てます。
麹菌が出してくれる様々な酵素を利用するために米麹を水に浸します。
すると酵素が水中に溶け出す。米の澱粉を麹が生産した酵素の力で分解し、
その酵素できたブドウ糖を酵母がアルコールに変えていきます。
 
 
 

写真後方は、霊峰 市房山(1722m)で、球磨盆地(東西約30km、南北約15km)の最も東に位置しています。

この日(3月29日)の気温は、26,5度と5月上旬並みの陽気で、
桜もほぼ満開になり、球磨郡水上村の市房ダム周辺は、多くの花見客で賑わっていました。

当蔵の食事処にもお立ち寄りいただき、ありがとうございました。

 

 

 

 

熊本の県民性を表す言葉として、よく使われているのが、「肥後もっこす」です。

純粋で正義感が強く、一度決めたら梃子(てこ)でも動かないほど頑固で妥協しない

反骨精神のある人といわれています。

その熊本県人の気質を銘柄にした「球磨焼酎 もっこす」は、
ゆっくりと歳月をかけて磨かれた古酒との調和による円熟した味わいです。

ストレート、お湯割り、オンザロックでどうぞ。

黒麹仕込/減圧蒸留/25度
原材料/米・米麹 
容量/300ml,900ml,1800ml

 

 

 

 

Go to top