OLYMPUS DIGITAL CAMERA

写真は、焼酎蔵に隣接する自社の田んぼです。(撮影 10月13日)。田植えから4ヶ月、蔵人により大切に育てられた稲は、コンバインで素早く刈り取られていきました。

収穫した籾は、乾燥、精米を経て、球磨焼酎「精選 水鏡無私(せいせん すいきょうむし)」の原料米になります。

この日の球磨盆地の気温は33度。10月というのに真夏日でした。しかし、木陰に入ると風が爽やかで涼しく、少し秋を感じることができました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

写真は、焼酎蔵に隣接する自社の田んぼです。

6月15日の田植えから3ヶ月、稲田は黄金色になってきました。

稲刈りは、10月上旬の天気の良い日に行う予定です。

収穫した籾は、乾燥、精米を経て焼酎に仕込まれ、滑らかな味わいの

球磨焼酎「精選 水鏡無私(せいせん すいきょうむし)」になります。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

写真は、球磨郡相良村を流れる川辺川です。太公望が、アユ釣りを楽しんでいます。

球磨・人吉では、釣ったアユを球磨焼酎の肴として、刺し身や背ごし(薄くそぎ切りにしたもの)にし、

酢味噌や柚子胡椒で食べます。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

写真は、当社焼酎蔵に隣接する自社の田んぼです。田植えから約2ヶ月半、イネは順調に生育しています。

稲刈りは、10月初め予定です。

収穫した米は、球磨焼酎「精選 水鏡無私(せいせん すいきょうむし)」の原材料になります。

8月の長雨のあと、球磨地方は、蒸し暑い日が続いていますが、朝晩は、少し涼しさを感じるようになっています。田んぼでは、赤とんぼが飛び交っていました。

ginzyou1.8new

球磨焼酎500年の技により、山田錦米を使い、吟醸酵母と黄麹を用い、それを低温発酵することにより、吟醸酒のような本格焼酎に仕上げました。華やかな香りと上質な甘さが特徴の杜氏自信の製品です。

詳しくは、弊社ホームページの「製品紹介」及び「通信販売」をクリックください。

Go to top